基礎化粧品を肌に塗ることの本質とは?意味って?

素肌真美阻害成分が配合されている基礎化粧品は、バリアゾーンを傷つけたり壊したりして害を与えるので、絶対にお肌につけないで…

塗る基礎の成分を角質層に浸透させることの危険性については、どうして「角質層より深く浸透」させちゃ「イケナイ」の?でお話しました。

基礎化粧品を浸透させて素肌真美が手に入ることなんて「科学的にあり得ない」ことも…


─この記事の目次─

はじめの大前提

主役には絶対になれない基礎化粧品

日常的な美容にかけるべきお金の優先順位の判断基準って?

基礎化粧品を肌に塗ることの本質とは、その意味って?


はじめの大前提

ここでは、あくまでも逆素肌真美コスメではない「塗る基礎」を「肌に塗ることの本質とは?意味って?」のお話となります。

なぜなら「逆素肌真美コスメ」は、「肌のバリアゾーンを破って、その成分が角質層より下の細胞に触れる危険性がある」ので、「そもそも、塗ってはイケナイもの」だからです。

とにかくこの記事は、「逆素肌真美コスメは対象外」ということを大前提に書かせていただくことを強調させてください。

主役には絶対になれない「基礎化粧品」

出典:日本皮膚科学会O&A https://www.dermatol.or.jp/qa/qa2/q05.html

出典:日本皮膚科学会O&A https://www.dermatol.or.jp/qa/qa2/q05.html

肌老化の大半の原因は「紫外線による光老化」ですから、素肌真美を手に入れるためにできる日常的なケアの優先順位(=効果が高い順)は

【 紫外線対策 ≫ 美と健康を考えた食事 ≧ 美と健康を考えた生活習慣 > 基礎化粧品 】

【 80%   ≫ 10%        ≧ 7%           > 3%    】

数字は私が適当に決めたものですが、イメージとしてはこんな感じになります。

ここでいう効果とは

【 「効果」 = 「素肌真美への実際の貢献度(結果の大きさ)」 - 「それを行うことで生じる皮膚やお財布へのリスク」 】←『効果の式』

となります。

ですから、効果が圧倒的に高いのは「紫外線対策」ですから、素肌真美な女性に出会ったときには、「どんな紫外線ケアをしていらっしゃるんですか?」と最初にきくのが正解となります。

私のよく知る素肌真美女性は、美容院やデパートなどで

「どんな化粧品を使っていらっしゃるんですか?」

「何か特別なケアをしていらっしゃるんですか?」

とよく聞かれるのですが

そんなときその女性は決まって「何も特別なことはしていませんよ。焼かないようにすることだけは、かなり気をつけています」と正直に答えているそうです。

だって基礎化粧品は、素肌真美な肌を手に入れるための脇役であって、決して「主役」ではないのですから…

日常的な美容にかけるべきお金の優先順位の判断基準って?

かけているお金が

【 基礎化粧品 >紫外線対策(日焼け止め、日傘、サングラスなど) + 美と健康を考えた食事 + 美と健康を考えた生活習慣(ほとんどが無料) 】

となっている方は要注意です。

高額な、例えば「S〇Ⅱの基礎化粧品の全成分を精査」したなら、逆素肌真美コスメ(=塗ることはご法度)だと「言わない皮膚科医の先生はいらっしゃらない」と断言できます。

化粧品会社からお金をもらっているなど、何か特別な理由がない限りは…

日常的に使っている皮膚科医の先生は、絶対にいないはずです。

「君子危うきに近寄らず」っていうやつですね。

でもなぜ、こんなに強調して私は書いているのか?

それは「高額な基礎化粧品のセットを買うお金」を、できる限り「紫外線対策(日焼け止め、日傘、サングラスなど)」や「美と健康を考えた食事」に回してほしいからです。

だって、高額な基礎化粧品のセットは逆素肌真美コスメですから、害しかもたらしませんもの(塗らないほうが素肌真美が手に入ります)。

長年にわたって化粧品業界にどっぷりつかり、その本質を見抜いてしまった私は、使命感をもってあなたにお伝えしたいのです。

『高いお金を払って害を買う行為をやめてほしい』と…

そう心から願っています。

《賢者の知恵》
大手(原価の割にはきわめて高額)であればあるほど、高価であればあるほど、皮膚とお財布に大きなダメージを与える「可能性が高い」(あくまでも可能性です)

同じ大手ならお財布に優しい方がまだまし、でも逆素肌真美コスメだったら「塗らないほうがまし」となります。

だって、バリア機能と美肌菌に被害を与える(=素肌真美が手に入ることはない)からです。

基礎化粧品を肌に塗ることの本質とは、その意味って?

でも、逆素肌真美コスメ(=皮膚とお財布への「害」のほうがはるかに大きい)ではない、基礎化粧品を肌に塗ることには意味があり、素肌真美ケアとして「やったほうがいい」ものであることは間違いありません。

その本質は「浸透させないで、角質層の表面をケアすることで、素肌真美をアシストをすること」となります。

具体的には

① 「バリア機能(皮脂膜+角質層)」を外的刺激から守る

② 皮膚表面の「活性酸素」を除去する

③ 皮膚表面に住んでいる常在菌の生育環境を整える(育成する成分を配合してあげると◎)

逆にいうと、この①~③以外の効果を基礎化粧品に期待することはできないし、「しちゃいけない」ということです。

結局、「基礎化粧品を肌に塗ることの本質とは、意味って?」

もちろん、素肌真美阻害成分が配合された逆素肌真美コスメは、皮膚に①~③の逆の効果を及ぼしますから、塗ること自体NGなのですが。

そうでない、基礎化粧品を肌に塗ることで

「新鮮な皮脂膜(=皮脂+汗の混合物)でカバーされている」

「正常なターンオーバーによって、表皮細胞の新陳代謝がきちんとおこなわれ、角質がどんどん生み出され、バリアゾーンを強化していく」

「常在菌がバランスよく存在している」

図:皮膚バリアゾーン簡易モデル

●●●●●●●●●●●←皮脂膜
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎←常在菌
■□■□■□■□■□■←角質層上部ライン
□■□■□■□■□■□角質層
■□■□■□■□■□■←角質層最終ライン
◆◇◆◆◇◆◆◇◆
◆◇◆◆◇◆◆◇├表皮層
◆◇◆◆◇◆◆◇◆

●皮脂と汗の混合物◎美肌菌、アクネ菌など■角質□細胞間脂質◆◆◇表皮細胞↑ターンオーバーの向き

こんな理想的な皮膚(=素肌真美な肌)になれるように「補助する」こと、となります。

これこそが正に、逆素肌真美コスメではない基礎化粧品を肌に塗ることの本質であり、意味するところにほかなりません。


>>>『素肌真美を手に入れるための基本のケア』はこちら

>>>『美容健康科学者として~進化し続ける信念』はこちら

【追伸】

このページの記事は常に改善したり、書き加えたりしながら育てて参ります。

記事を更新したり、新しくアップしたりした際に、お知らせしたいので、LINE@の友達登録をしていただけると嬉しいです。

友だち追加


こちらの内容に関して、ご意見やご質問がございましたら、ページ下部の「コメント欄」よりお気軽にお問合せください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする