そもそも『美肌』って?

美しい肌(=美肌)になりたくない、そんな方はまずいないですよね。

もちろん、あなたはこの記事を読まれているぐらいですから、美肌でありたいと強く願っていらっしゃるはず。

では、いまさらですが「美肌」ってどんな肌のことなのでしょうか?

「美しい肌って?」

人それぞれ価値観が違うでしょうし、いろんな見方もあるでしょうが…

そこで、このエッセイでの「美肌ってどんな肌の状態のこと?」「意味って?」を、私なりに以下のイメージで表現させていただきました。

┏━━【そもそも『美肌』って?】━━┓

年齢に関係なく、素肌そのものにキメがあって、肌自らが潤っているハリと透明感を兼ね備えたサラサラ・スベスベの肌

≡「素肌真美[すはだしんび]な肌

こんな美肌は「メイクをしたときの差も歴然」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

いかがでしょうか。

しっくりきましたでしょうか。

おそらくこれだけでは、表現がぼやけていて、明確にイメージできず腑に落ちないと思います。

私だっていきなり「美肌こうだ!」などといわれても「…?」となってしまいますもの。

そんなわけで、現段階ではこれを「本当の意味での真の美肌」の「イメージ」とさせておいてください。

もちろん、このエッセイを読み進めていただければ、だんだん理解が深まってまりますのでご安心を。

究極の美の表現としてよく使われる「からだの中から美があふれ出ている女性」は、「素肌真美な肌」の持ち主にほかなりません。

というわけで、特にことわりがない限り、私が「美肌」「真の美肌」「本当に美しい肌」「素肌真美な肌」などといった場合、

年齢に関係なく、素肌そのものにキメがあって、肌自らが潤っているハリと透明感を兼ね備えたサラサラ・スベスベの肌

のことだな、と思っていただければと。

さて、ではなぜ素肌真美な女性の肌を『わぁー、この人お肌きれいだわぁ!』と私たちは感じてしまうのでしょうか?

その理由については、追々ひも解いてまいりますが、ざっくりいうと「人は本能的に素肌真美な肌を美しく感じてしまう」ということになります。
※ もう少しだけ本質的な表現:「顔に光が当たって反射するなどの物理現象を通して、あなたの視覚がとらえた肌の情報を脳が察知し、本能的に美しいと感じることで生存し、人類が進化してきたから」となります

いずれにしても、素肌真美な肌は「誰もが魅かれる肌」であることは間違いありません。

そこで気になってくるのが、年齢を重ねても、50代以降でもずっと素肌真美を維持できる肌って「どんな肌なの?」ということではないでしょうか。

はい、それはズバリ「健康な皮膚がつくった肌」です。

皮膚はあなたの大切な体の一部、腎臓や肝臓などと同じ一種の臓器で、さまざまな機能を備えています。

つまり、「健康な皮膚の細胞の営みにより生み出された肌」=「素肌真美な肌」だということになります。

では、「皮膚を健康にして素肌真美な肌を手に入れるためにはどうすればよいのでしょうか?」

そう、これを実現するための「知恵=考え方」をお伝えすることこそ、このエッセイの「唯一のテーマ」であり「ゴール」です。

さあ、これから一緒に「素肌真美な肌を育む旅」へ出かけようではありませんか!

それは、生涯を通して終わることのない、素肌真美探求への素敵な旅♪

NEXT ⇒ 男性が好む女性の共通点って?

BACK ⇒ 『いじ悪だわぁー、秘密にして!』


~短編エッセイ~ 目次

●プロローグ
┣【第一話】いじ悪だわぁー、秘密にして!
┣【第二話】そもそも『美肌』って?
┣【第三話】男性が好む女性の共通点って?
┣【第四話】たどりついたのは「とってもシンプルな答え」でした
┣【第五話】今さらながら「肌」と「皮膚」って?
┗【第六話】『美肌(=美しい肌)ってなに?』の本質、核心にせまる!

●シンプルな皮膚のお話
┣【第一話】3つの皮膚ゾーン
┣【第二話】【皮膚1】深いシワ・たるみ&濃いシミゾーン(真皮層)
┣【第三話】【皮膚2】ターンオーバーゾーン
┣【第四話】【皮膚3】バリアゾーン
┣【第五話】ああ“素肌そのもの”よ!
┗【第六話】再び「真の美肌って?」


>>>『素肌真美を手に入れるための基本のケア』はこちら

>>>『美容健康科学者として~進化し続ける信念』はこちら

【追伸】

このページの記事は常に改善したり、書き加えたりしながら育てて参ります。

記事を更新したり、新しくアップしたりした際に、お知らせしたいので、LINE@の友達登録をしていただけると嬉しいです。

友だち追加


こちらの内容に関して、ご意見やご質問がございましたら、ページ下部の「コメント欄」よりお気軽にお問合せください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする